×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「昏夜に鬼を談ずる事なかれ。鬼を談ずれば、怪いたるといへり」(今昔百鬼拾遺)





百話目の話は終わった

あなたは青い蝋燭の火を吹き消した

すると、途端に部屋の中は真っ暗になった

新月の為に月の光さえない

手探りで空間を掻くも、手に当たるものはなにもない


と、その時


あなたの手のひらは、何かぐにゃっとしたものを押した。それは・・・・



●ここまで読んで思った。
「何だ、ちっとも怖くなかったじゃないか」
そしてブラウザを閉じようと、カーソルを右上の×印のほうへ這わせていく。すると、
(ガタッ)
後ろで何かが落ちてきたような音がする。びっくりして振り向